オフィシャルブログ

縮毛矯正後のアフターケア

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

強いクセ毛でお悩みの方でも、縮毛矯正をすれば綺麗なストレートの髪を手に入れることができます。ただ、アフターケアを間違えてしまうと、せっかくの縮毛矯正が剥がれてしまうおそれがあります。ちょっとしたコツで縮毛矯正を長持ちさせることができるので、初めての方はこちらを参考にしてください。

当日は絶対にシャンプーをしない!

g_02_01

縮毛矯正で使用する薬剤が髪に定着するまで、24~36時間程度は必要とされています。定着する前にシャンプーをしてしまうと、洗い流されてしまい矯正が弱まってしまいます。

そのため、できれば当日だけでなく2日間はシャンプーしないことがおすすめです。もし、お風呂に入った時に髪が濡れてしまった場合は、出た後に目の細いコームで髪をまっすぐにして、優しくドライヤーで乾かしましょう。

髪が湿ったまま寝てしまうと、寝ている時についたクセがそのまま残ってしまう可能性があります。

3日間は髪に負担をかけない!

g_02_02

料理や掃除などをする時に、髪の長い方は邪魔にならないようヘアゴムやピンを使用している方が多いと思います。しかし、薬剤が定着する前はとてもクセがつきやすい状態なので避けるようにしてください。

耳に髪をかけただけでも、それがクセになってしまうことがありますので、3日間は自然な状態を保つようにしましょう。

シャンプーは弱酸性のものを選ぼう!

髪の毛が弱酸性なのに対して、縮毛矯正に使われている薬剤はアルカリ性のため、髪が傷んだ状態となっています。そのため、なるべく早く弱酸性に戻すために、髪が洗えるようになったら、弱酸性のシャンプーを使うようにしましょう。

また、高温のアイロンでダメージを受けている髪はしっかりと保湿しなければ、乾燥しやすくさらに傷んでしまいます。健康で美しい髪に戻すには、トリートメントも毎日行うことが大切です。

土浦市にあるLABAは、メンズカットやカラー、パーマなどご利用しやすい料金設定の美容室です。髪質を確認した上で、お客様に似合うカットを提案させていただきますので初めての方でもお気軽にご予約ください。